クレジットカードのおすすめ情報・還元率・年会費など!

クレジットカード おすすめ,クレジットカード 還元率

リクルートカードの詳細・メリット・デメリットなどまとめ

      2018/10/10

リクルートカードの詳細やメリット、デメリットなどを解説していきます!リクルートカードが気になる!というあなたはぜひ要チェックですよ!

リクルートカード

 

リクルートカードとは

リクルートカードはリクルートが発行しているクレジットカードです。リクルートカードの魅力は、そのポイント還元率。超高還元率というのが一番の魅力ですね!

年会費 無料
基本還元率 1.2%
主な電子マネーチャージ モバイルSuica・nanaco・楽天Edy
旅行保険最高補償額 2,000万円

 

リクルートカードのメリット

リクルートカードのメリットを順番に解説していきますね!

ポイント還元率が1.2%

リクルートカードはポイント還元率が1.2%です!これはものすごい高還元率です。一般的に還元率が1%あれば高還元率というクレジットカードの中で、1.2%というのはものすごい還元率なんですね。

高還元率のクレジットカードだと還元率の改悪も気になりますが、リクルートカードは長くこの還元率が続いていますから、下がる可能性は低いと考えられますので安心感ありますね。

 

電子マネーチャージでもポイントが貯まる

電子マネーチャージでもポイントが貯まります。これは珍しい!電子マネーチャージはポイント対象外!というクレジットカードが多いです。お金でお金を買うということですからね。

ですが、リクルートカードは電子マネーチャージでも通常通り1.2%の還元率が適用されます。電子マネーをよく使うなら、めちゃくちゃお得になりますよ!

 

貯まったポイントが使いやすい

貯まったポイントが使いやすいのが、またいいですね。以前はひどかったんですよ。リクルートカードはリクルート系サービスでなければ使えませんでした。

しかし!今はポンタポイントに交換することができます。レートも等価なので、損をしないのでどんどん切り替えて、遠慮なく使えます。

 

リクルートのデメリット

リクルートカードのデメリットを順番にご紹介していきます。と言っても、あまりないんですけどね。

よく使うお店が決まっているならメリットが薄い

リクルートカードは汎用性が高いです。汎用性が高いだけに、何かに特化したクレジットカードよりもお得度が下がる場合があります。例えば、どこかのお店で買い物をすることが多いとか、通勤の定期券が出費のうちでかなり多いとか、特定の電子マネーをチャージして使うことが多いとか。

ライフスタイルを考えてみて、「このお店でよく使うなぁ」というものがあれば、そのお店で特にお得になるクレジットカードを選びましょう。汎用性の高いリクルートカードよりもお得になることが多いです。

 

リクルートカードはこんな人におすすめ

リクルートカードははこんな人におすすめです。

●いろいろな電子マネーにチャージする

●特に決まったお店で使うことがない

●リクルート系サービスやポンタをよく使う

 

リクルートカードは還元率が1.2%という超高還元率のクレジットカードです。なので、誰が持ってもしっかり使えばお得になりますね。ライフスタイルを思い直してみて、特に決まったお店で買い物をしないなら、リクルートカードはすごくおすすめです!

 

リクルートカード 公式ホームページ

https://recruit-card.jp/

 - 各クレジットカードの詳細まとめ