クレジットカードのおすすめ情報・還元率・年会費など!

クレジットカード おすすめ,クレジットカード 還元率

ルミネカードの詳細・メリット・デメリットなどまとめ

      2018/10/07

ルミネカードの詳細・メリット・デメリットなどをまとめました。

ルミネカードカードは当然ながらルミネでお得度が高いクレジットカードです。でも、それ以外にもメリットがあって、ハイブリッドなクレジットカードとなっています。

分かりやすく解説していきますね。

ルミネカード

 

ルミネカードとは

ルミネカードとはビューカードが発行するクレジットカードです。ルミネの利用でポイントが貯まる他、Suicaチャージでもかなりお得です。

年会費 初年度無料、953円(税別)
基本還元率 0.5%
主な電子マネーチャージ モバイルSuica
旅行保険最高補償額 1,000万円

 

ルミネカードのメリット

ルミネカードのメリットをまとめます!

ルミネ・NEWoManで割引

ルミネカードはルミネ・NEWoManで、5%の割引サービスがあります。ポイント還元ではなく、割引です。なので、すぐにお得を受け取れますし、有効期限や使いみちを考える必要がありません。

ポイント還元だとあとからお得を実感できますが、その場で割引だとすぐにお得を体感できるのがうれしいですね。

しかも、随時10%オフキャンペーンなども行っているので、そのときは大きなチャンスです。大きな買い物をするなら、10%オフ期間を狙うといいですね!

 

Suicaチャージでポイントアップ

ルミネカードはSuicaチャージでポイントが付きます。しかも、1.5%のポイント還元となります。電子マネーへのチャージでは、ポイントがもらえないクレジットカードも多いですが、そんな中で1.5%の還元率はかなりのメリットです。さすがビューカード(JR東日本系列)が発行するクレジットカードだけあります。

なので、JRの乗降はもちろん、コンビニや店舗でも、Suicaが使えるところはSuicaでの支払いがお得です。

 

定期券とセットにできる

ルミネカードは裏面に定期券がセットできます。なので持ち物を減らすことができます。

財布の中身がすっきりしますし、落としたり紛失したりする可能性を減らすことができます。

 

ルミネカードのデメリット

ルミネカードのデメリットをまとめます。

年会費がかかる

ルミネカードは年会費がかかります。年会費自体は953円(税別)なので、それほど高額ではありません。ですが、実際に年会費がかかります。

ルミネで1年間に2万以上の買い物をすれば1,000円の割引となるので、ペイできます。

ルミネカード

 

ただし、それほど買い物をしない場合は、年会費分マイナスになる可能性があることを覚えておきましょう。

 

ポイント還元の単位が大きい

ルミネカードはポイント還元の単位が大きいです。1,000円の利用につき5ポイントの還元となっています。

200円の利用につき1ポイント還元と比較すると、還元率は同じですが、1,000円で5ポイント付与の方がムダが大きくなってしまいます。

ちょっともったいないですね。

 

ルミネカードはこんな人におすすめ

ルミネカードはこんな人におすすめです。

●ルミネやNEWoManをよく使う人
●Suicaをよく使う人

 

ルミネカードはルミネ・NEWoManをよく使ったり、Suicaをよく使う人におすすめです。特にルミネやNEWoManですね。その場で5%オフになるのがオイシイです。ポイント残高やポイント有効期限をあまり気にしなくていいので、ストレスフリーです。

また、Suicaチャージで1.5%還元となるので、買い物のときにSuicaが使えるようであれば積極的に使うことをおすすめします!

 - 各クレジットカードの詳細まとめ