クレジットカードのおすすめ情報・還元率・年会費など!

クレジットカード おすすめ,クレジットカード 還元率

ポイント●倍!に注意するべし!

      2018/10/04

ポイント●倍!には十分に注意が必要です。結果的に得しないことがありますよ!

ポイント 倍

ポイントって、何倍にもなったほうが得なんじゃないの?

まぁ、それはそうなんですが。

ちょっと聞いてくださいよ(笑)

 

ポイント●倍は実際に計算してみよう

ポイント●倍は実際に計算してみないと、どれだけポイントがもらえるか、何円分のポイントがもらえるか分かりません。

あるポイントサービスは5倍、別のポイントサービスは3倍のキャンペーンがあったとして、どっちがお得でしょうか?

 

見た目から考えると、完全に5倍がお得ですよね!そんなの分かりきっていますよね!でも、本当にそうなのかな?

少しだけ考えてみてほしいんです。

 

ではどんなケースがあるのか、下に具体例を書いてみます。

 

ポイント●倍の落とし穴を実際に計算してみよう

上で「あるポイントサービスは5倍、別のポイントサービスは3倍のキャンペーンがあったとして、どっちがお得でしょうか?」ということを書きました。

実際に計算してみましょう。

 

・ポイント5倍で還元率0.5%・・・還元率2.5%

・ポイント3倍で還元率1%・・・還元率3%

 

そうなんです。見た目では「ポイント5倍!」がすごく目立って、お得なように見えます。

ポイントをめっちゃもらえそうな気がします。

でも、実際に計算してみると、このケースではポイント3倍のほうがお得なんですね。

 

こういうトリックは共通ポイントサービスを利用しているときに起きがちなんですね。

理由を次のコーナーでご紹介します。

 

共通ポイントサービスの基本還元率を理解しておこう

ポイント●倍のトリック(?)に引っかからないように、共通ポイントサービスの基本還元率を理解しておくのがとても大切です。

主な共通ポイントサービスにはこんなのがあります。

・Tポイント
・WAON
・楽天スーパーポイント
・dポイント
・JREポイント
・Ponta
・nanaco

この7種類がすごく有名な共通ポイントサービスです。

 

ではこの7種類の共通ポイントサービスの中で、基本還元率低いのはどれでしょう?

 

答えは、

・Tポイント
・WAON

です。

この2つのポイントサービスは200円の利用につき、1ポイント(1円)が還元されます。還元率が0.5%となります。

その他の5つのポイントサービスは100円の利用につき、1ポイント(1円)が還元されます。還元率は1%となります。

 

この還元率の違いを覚えておけば、ポイント●倍トリックに引っかかる可能性は減ります。

 

まとめ

ポイント●倍トリックに引っかからないためには、「●倍」に注目してはいけません。

「実際に何円分のポイントがもらえるのか」をしっかり計算しましょう。

 

そうすれば、

「得したはずが、思ったほどじゃなかった。。。」
「得したと思ったら、あっちのほうがお得だった。。。」

ということがなくなります!

 - 雑記